合縁奇縁

合縁奇縁

 

あいえんきえん

 

合縁奇縁とは、人と気持ちが通じ合うのも、通じ合わないのも、不思議な縁によるものだということ

 

【合縁奇縁の解説】

「合縁」は気心の合う縁、「奇縁」は奇しき縁(不思議な巡り合わせ)という意味。
「愛縁奇縁」「合縁機縁」とも書く。

 

 

記念日

10月12日

《何の日?》

コロンブス・デー,大陸発見記念日(Columbus Day) [アメリカ合衆国,アルゼンチン,チリなどアメリカ大陸各国]

1492年のこの日、クリストファー・コロンブス(クリストバル・コロン)が率いるスペイン船隊が新大陸アメリカに到達した。

西周りの航海でジパング(日本)とインドを目指したもので、コロンブスは最初の到達地がインドだったと亡くなるまで信じていた。

ナショナルデー,イスパニアの日 [スペイン]

スペインの航海士・コロンブスの新大陸発見を記念する日。

豆乳の日

日本豆乳協会が制定。10月は「体育の日」がある月であることから。12日は「とう(10)にゅう(2)」の語呂合せ。