あきないはうしのよだれ

 

 

商いは牛の涎

 

あきないはうしのよだれ

 

商いは牛の涎とは、商売をするには、せっかちであってはならず、

気長に辛抱強く続けるべきであるということ。

 

【商いは牛の涎の解説】

商売をするには、一時に大もうけをしようとすれば失敗するものだから、

牛の涎のように細く長く切れ目なく気長に続けねばならないという意。

 

 

記念日

10月22日

《何の日?》

国際吃音啓発の日(International Stuttering Awareness Day)

国際吃音者連盟・国際流暢性学会などが1998年に制定。吃音(どもり)についての理解啓発を求める日。平安遷都の日,時代祭

794(延暦13)年のこの日、桓武天皇が長岡京から山背国葛野郡宇太村の新京に移った。「平安京」と命名されたのは、その年の11月8日だった。

平安遷都1100年を記念して1895(明治28)年に創建された平安神宮の例祭・時代祭はこの日に開催される。

パラシュートの日

1797年のこの日、フランスのパリ公園でアンドレ=ジャック・ガルヌランが高度8000フィート(約2400m)の気球から直径7mの布製の傘のようなものと一緒に飛び降りた、これが世界初のパラシュートによる人間の降下となった。着陸時に衝撃があったものの、無傷であった。

(旧)絹婚記念日

日本ネクタイ組合連合会と日本スカーフ協会が1995(平成7)年から1997(平成9)年まで実施。ネクタイやスカーフ等の絹製品のPRのため、結婚12年目の「絹婚式」を迎える夫婦に絹製品のプレゼントをと呼びかけている。