あきのひはつるべおとし

秋の日は釣瓶落とし

 

あきのひはつるべおとし

 

秋の日は釣瓶落としとは、秋の日の急速に日が暮れるさまの形容。

【秋の日は釣瓶落としの解説】

「釣瓶」とは、水を汲むために竿や縄の先につけて、井戸の中におろす桶のこと。
その釣瓶が井戸に滑り落ちるように、秋の日は一気に日があっという間に暮れるということをいう。

 

記念日

10月24日

《何の日?》

国連デー(United Nations Day)

国際デーの一つ。1948(昭和23)年から実施。1945(昭和20)年のこの日、ソ連の国際連合憲章への批准により、発効に必要な20か国の批准が得られたため、国連憲章が発効し、国際連合が発足した。日本は1956(昭和31)年に加入が認められた。1971(昭和46)年の国連総会で、国連加盟国はこの日を公的な休日として記念するよう勧告された。

世界開発情報の日(World Development Information Day)

1972(昭和47)年の国連総会で制定。国際デーの一つ。1970(昭和45)年のこの日、「第2次国連開発の10年のための国際開発戦略」が採択された。

世界中で行われている開発に関する情報を集めて、地球全体の開発のバランスを考える日。

ツーバイフォー住宅の日

日本ツーバイフォー建築協会が制定。ツーバイフォー工法が断面2×4インチの規格材を使用することから。

文鳥の日

10月が手乗り文鳥の雛が出廻る時期であることと、「て(10)に(2)し(4)あわせ」(手に幸せ)の語呂合せから。

トリコロール記念日 [フランス]

1794年のこの日、フランス国民公会が、現在フランスの国旗となっている青・白・赤の三色旗(トリコロール)を国家の象徴と定めた。フランス革命の時、市民軍はパリ市の色である赤と青の帽章をつけた。革命が全国に広がって市民軍は国民軍となり、その総司令官に任命されたラファイエットは、「市民と王家が協力して新しい国を作るべき」として、帽章に王家の色である白が加えられた。王政は1791年に廃止されたが、この3色を使った三色旗は国民軍のシンボルとなった。

独立記念日 [ザンビア]

1964年のこの日、アフリカのイギリス領北ローデシアがザンビア共和国として独立した。